気になる実家の片づけと、親の暮らし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

うちの実家、
けっこうモノが多くて、親も片づけ苦手。
わたしもどうにか出来たらと思うけど、
両親はあまり話も聞いてくれなくて、
ひそかにずっと心配してる・・・


片づけられない実家(の親)を、
ひそかに心配している人も多いと思います。


今回の記事では、
親が亡くなる前の生前整理と、亡くなった後の遺品整理という
両方で「実家の片づけ」を経験した片づけのプロの視点から
気をつけるポイントをお伝えします。

元気で、きもちよく
暮らしていてほしいですもんね!

【記事の内容】

・親の家の片づけはむずかしい
・本人が納得して片づけたいと思っているのか確認
・実家の片づけは、あせらず進めよう
・片づけは体が元気なうちがいい
・お片づけ、まずは自分から

■親の家の片づけはむずかしい


いきなり、そんなこと言わないで・・・


と思ったかもしれませんが、
親の家の片づけって、「親子」という距離が近いぶんだけ
スムーズにいかないこともあります。



子供の立場からの話では、

「母とケンカになっちゃいました・・・」
「全然わたしの気持ちを分かってくれません」
「心配してるだけなのに」

そんな声もよく聞きますし、


親の立場からの話では、

「勝手にものを捨てようとされちゃって」
「家族に責められているようでツライ」
「わたしが死んだら全部捨ててくれればいいのよ」
「今はそんな元気もないし」

そんな声も聞くことがあります。


それぞれの想いがあるかと思いますが、
できるだけスムーズに、
いい関係で進めたいですね。

子供としては、ここを意識!

✔️ 生きてる年数が多い分だけ、モノも思い出も多いと
  受け入れておく

✔️ 自分の家ではないことを意識する。
  片づけに向き合って進めるのは親である。


■本人(親)が納得して片づけたいと思っているのか確認


まず、一緒に話をするのがいいかなと思います。


「なんで片づけないの?」とか
「これはもう捨てようよ」とかではなくて、フラットに。


そもそも、その自宅の状態をご本人はどう思われているでしょう。
どうしたいと思っているんでしょう。


子供目線からの不安は、ちょっと横においてみて下さいね。
本音のところはどうなのかな?


「片づけなんて、そのうち自分でするからいいわよ」


そんな風に言われたとしても、その奥には
違う気持ちがあることもあるんじゃないでしょうか。


ずっと気になっているけど、子供には頼りたくない。
(なんだか申し訳ないし。情けないし。)とか、
勝手に捨てられそうで手伝ってほしいなんて言えないし。とか。

一緒に片づけを進めていく場合には、
とにもかくにも、ご本人が「片づけたい」と納得していることが
大前提です。

✔️ 家の中にモノが多すぎて危ない
✔️ 動線上の床などにモノが置かれて転びそう
✔️ 窓が開けられない
✔️ 掃除がしにくい

などの時は、安全にも健康にも直結しています。


ぜひ、親子の話を
素直に、フラットにしてみることをオススメします。


おそらく、1回では無理ですので
何回も素直な気持ちを伝えてみることを
オススメしたいと思います。


■実家の片づけは、あせらず進めよう

何にでも、「タイミング」というものがあります。


勝手にこちらの気持ちも関係なしに
ガンガン言ってこられたら、どんな人でも
「やめてほしい」と距離をおいたりしますよね。
心のシャッター閉まります。


例えば、片づけの学びをする前のわたしの場合。


「あそこの納戸、いらないものばかり入ってるよね?
何十年持ってるんだろう。捨てちゃえばいいのに。」


と思って、「片づけたら?」と言っていた時は、


「いいのよ、そのうちやるから。」とか
「はいはい。」と流されたり、
「もう、うるさいわねぇ」と言われたり、
もちろん不穏な空気がただようこともありました。



ですが、母が納得して自分から「やりたい」と
片づけを進めてからはとてもスムーズで
母の中にもどんどん安心感が広がっていくのが分かりました。


■片づけは体が元気なうちがいい



なぜかというと、

その後の時間を、とても気持ちよく使えるから。

時間=人生、です。


亡くなってから親のものを片づけるのは、
子供にとってはけっこうツライことです。


ぜひお元気なうちに、明るくゆるく話を進めながら
ご本人が納得していけるといいなと思います。


■お片づけ、まずは自分から


「親が片づけられない人で、実家をどうにかしたいんです」

そういうご相談のときの、わたしのお返事。


まずはご自分のおうちを片づけてみてください。
気になっているところ、気になっていることはないですか?


✔️ どんな流れでやったらうまくいったのか

✔️ 実際片づけてみて、どんな気持ちになったのか

✔️ 実際、毎日にどんな変化があったのか



本当に自分がやってみたそのリアルな実体験に、
説得力が生まれます。


あなた自身が「片づいたその先の未来」になってください(*’▽’*)


本当に体験して感じた言葉には、
心の奥に伝わることがあるんじゃないでしょうか。


■一人ひとりの最適な片づけを

 〇〇したら、〇〇になる。
そんな魔法のような正解はないように思います。 


 70代以降だと、

 ✔️もう単純に体力がなくなって疲れて、手がつけられない。

✔️気になっていても、やる気が少なくなっている  

そんな場合もあります。 


 あまりお子さん側の計画みたいなものを立てすぎずに、
少しずつ気持ちが伝わって、環境として整えていけると
いいのかなと感じます。   


■片づけを進めていくシニアの方は前を向いている

 実際にわたしがお片づけのサポートに伺うシニアの方は、
ご本人が「片づけたい!」と決意して依頼をしてくださいます。


自分で決めるからこそ、納得して進まれていっています。


何より、みんなお元気になっていきます。
これ、ほんと。  

「片づけた先に、何を見てるのか」  


ということだと思いました。   
後ろ向きの片づけをするんじゃなく、どの方も前を向いています。



●まとめ

✔️ ご本人が納得して片づけに向かっていけることが大事
✔️ 実家の片づけは、あせらず進めよう
✔️ 片づけは体が元気なうちがいい
✔️ お片づけ、まずは自分から


あまり不安に思いすぎず、
できることを一つひとつ進めてみてくださいね(*’▽’*)


お役に立つことがあったら
ポチッとしていただけるとうれしいです。
ありがとうございます!

にほんブログ村 にほんブログ村へ


クラシツクルのお片づけレッスンはこちらから
「ご自宅のお片づけレッスン」で学びとサポートを体験できます。

お片づけレッスン・片づけサポートをご利用いただいた方の感想はこちら。

*お片づけ関連記事
簡単に片づけられるキッチンに【時短家事を叶える6つのコツ】
片づけ初心者必見。苦手でもキッチン収納で失敗しないための始め方


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

限定!お片づけ初心者さんのための「サポートつきお片づけレッスン」

お片づけってどうやっていけばいいのかよく分からない、と悩んではいませんか?

お片づけや収納が苦手な方に向けて、このファーストレッスンでは

 ・リバウンドしないお片づけのきほん
 ・お片づけの苦手と、自分に合う方法の見つけ方
 ・実際のスペースで体感できるお片づけのやり方

をお伝えしています。
あなたの心地いいお部屋づくりのためにご利用ください。


ファーストレッスン(サポートつきお片づけレッスン)

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*