新しい習慣を取り入れたい!モーニングルーティンの更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

YouTubeでは「モーニングルーティン」なるものをよく見かけます。
いろんな人の朝のルーティンを拝見して、
「へ〜」「ほ〜」「なんて丁寧な暮らしぶり!」と心の奥でつぶやいています。
単純にみんながどんな習慣を持って暮らされているのかが分かるって、
とても楽しくて面白いですね。


人生のほとんどは習慣でできている。


そんなこともよく聞きますし、
大人になればなるほど、新しいことを取り入れたり、
長年染みついたことを変えるのには、かなりのパワーがいるもの。


「分かってるのに、やめられないこと」とか
「やろうと思っていても、なかなか始められないこと」とかありますよね。


無意識のままやっていることを改めて意識してみると(ややこしい)、
なんとその時間と行動が多いことか!
時間がたって、暮らしぶりも変わっているのに、
習慣としては昔のままだったりすることもありました。


そんなわけで、新しい朝の習慣づくりにチャレンジしています。


何歳になっても苦手なこともメンドウなこともありますし、
今さら克服しなくても他の方法もあるけれど、
「ちょっとできるようになった自分を楽しみにするのもいいなぁ」
そんな気持ちです。


片づけのプロになって、片づけと収納は得意になりましたが、
掃除には面倒くささを感じやすいのです。


「どうやったら、ほどほどにきれいを保って暮らせるかな?」
という実験をしながら、いいバランスを探すのが面白い。
「これはいい感じ!」「いい方法見つかった!」なんていう仕組みが
見つかるとラッキーだなと思います。





お客様が毎日のように来ていたときには
もちろんお掃除必須なので、
キッチン、ダイニング、リビング、洗面所、トイレ、と
使われるところは朝からダッシュできれいにするのが日常でした。


が、仕事が変わり、数年前からテレワーク 中心の生活になってくると
どんどん朝のルーティンも変わるもの。
仕事の一部としてならできるけど、
日常の一部となると「ま、あとでいいかな」が増えがちになります。



朝起きて何も考えずに体が動くこと(習慣になっていること)

・キッチンと洗面台のタオル交換→洗濯機へ
・洗面台とトイレ掃除
・洗濯機を回してる間に、1階の掃除機(もしくはホウキ)
・ご飯を炊きながら、コーヒーを飲むためのお湯も沸かす
 その後、お弁当と朝ごはんづくり。


まぁよくある感じの流れですね。


カウンターの上や、テレビ周りのホコリ取りとか、照明器具とかは
「気づいた時にやる」「何かのついで」という感じでアバウトです。


気になるのは床でした。
特にキッチンは、いろんなものがこぼれたり、はねたり。
こぼしたときはササッ拭いたり、まとめてモップで拭いたりしますが、
まとめないで、毎日拭けると気持ちいいだろうなぁということで、
キッチン仕事を気持ちよくするべく、習慣にしたいと思います!


朝をうまく使って、小さな習慣から


「めんどくさいな・・・」と頭に浮かんだ時点で、
頭の中では高速で「やらなくてもいい理由」を探しがち・・・


朝って、いい時間ですよね。
「余白の時間」・・・いい響き!
ただ、その余白を生み出す早起きがむずかしい。


高いゴール設定は挫折の元なので、
わたしは今の起床時間でもできる、小さな習慣づくりからチャレンジです。


朝は、頭も体もまだ疲れていない状態。
やることが多くなってくる前に、動いてしまおう。


(人は小さなことでも必ず意思決定が必要になって、
それがあればあるほど脳は疲れていきます)


必ずすることとセットにする【if then プランニング】

「気合を入れて、がんばろう!」
これは、ほんとにムズカシイ。
何度挫折したことでしょうか。


それよりも「仕組み」として習慣にしたいことをするタイミングを
決めてしまうのが一番効果的とのこと。

【*目標達成にはif then プランニング

・AをしたらBをする
という条件を決めておくことで、目標達成の効果を高めるテクニックです。



わたしの場合は、朝いつもコーヒーを飲むのでお湯をヤカンで沸かします。
その時間を使って、ちょこっとキッチン床掃除を毎朝することにしました。
キッチンの床って、掃除機だけではムリな汚れつきますよね。
(ブラーバなどの雑巾掛けができるお掃除ロボットは持っていません)


(A)コーヒーを飲むためのお湯を沸かす
 
 

(B)キッチンの床を雑巾かける



あっという間にお湯も沸きます。
その時間だけでいいので、さっぱり床を手に入れるための床掃除を
セットにしてみたら、とてもいい感じで毎日できるようになっています。
さっぱりした床のなんと気持ちのいいことか。



慣れてきたら、

「こんな少しの時間でできるのに
なんで今までめんどくさがってたのかな?」

なんて
強気発言ができるくらいになったので、仕組みという環境づくりはすごく効果的なんだと改めて気づきました。


体が自然に動くようになるまでには、2ヶ月くらいは必要です。
できない日があったっていい!
ゆる〜く長〜く続けて、がんばらなくてもいい掃除ができる
そんな自分になれたら嬉しいです。


あと取り入れ始めたのは、スクワットです。

歯磨きしながらと、パソコン休憩するときに。
1日が終わるころには、結構な回数をこなせます。


いつからだって、遅くない!
アップデートしながら気持ちよく過ごせたらいいですね。



*キッチンが気持ちよくなる関連記事
簡単に片づけられるキッチンに【時短家事を叶える6つのコツ】

片づけ初心者必見。苦手でもキッチン収納で失敗しないための始め方



お役に立つことがあったら
ポチッとしていただけるとうれしいです。
ありがとうございます!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

限定!お片づけ初心者さんのための「サポートつきお片づけレッスン」

お片づけってどうやっていけばいいのかよく分からない、と悩んではいませんか?

お片づけや収納が苦手な方に向けて、このファーストレッスンでは

 ・リバウンドしないお片づけのきほん
 ・お片づけの苦手と、自分に合う方法の見つけ方
 ・実際のスペースで体感できるお片づけのやり方

をお伝えしています。
あなたの心地いいお部屋づくりのためにご利用ください。


ファーストレッスン(サポートつきお片づけレッスン)

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*