2020年 6月 の投稿一覧

着心地満足。休日にもちょうどいい、リラックスできる無印良品のクルタ【ワッフル/二重ガーゼ】

ご訪問ありがとうございます。

家で過ごす時間って、どんな洋服を着てますか?
わたしはちょっと悩みがちでした。


外から帰ってきたら着替えたいけど、
一度「部屋着」っぽいものに着替えると面倒くさいしなー、
パジャマパジャマしたものは着にくいしなー、という感じ。
田舎暮らしなので、夜にピンポーンと集金とかありますし・・・。


絶賛アラフィフのパジャマ事情。
最近これはいいよ!というものが
仲間入りしました。


続きを読む

自分に合った掃除道具だと、めんどくさいからやる気に変わる【家事の工夫】

ご訪問ありがとうございます。


家事って、終わりはないですね〜。
やろうと思えば、いくらでもやることが出てきて、
丁寧にやろうと思えば、たくさんの時間がかかります。


わたしの場合。
自分の暮らしと、家事と、片づけの
自分なりのバランスを見つけて暮らしていけるようになりたくて、
深堀りしていくようになりました。


掃除は苦手な家事だけど、こぎれいな家にはしたいので
どうやったら自分の中のハードルが下がるかな?と
毎日の中で少しずつ試しながらやっています。


お片づけのプロとして仕事をしている人たちも、
みんながみんな得意だったわけでもないんですよね。


片づけと掃除をざっくり同じことのようにしがちですが、
別モノです。。。
わたしも苦手なことは少しの道具に頼りながら、
自分がラクにこなせる、ほどほどのところを見つけながら暮らしています。

続きを読む

家事や片づけは、みんなが手を出しやすい仕組みと余白がキモでした。

ご訪問ありがとうございます。


最近、家族内での家事のシェアや片づけのやり方について
どうやってきただろうなぁ、といろいろ考えてみる機会がありました。


考えてみると、
人生の中のいろいろな出来事と見直しのタイミングで
家事や片づけのやり方も変わってきていました。
大きくは、
結婚、出産、自宅でお菓子教室、
子供の病気、不登校、両親の看取りと遺品整理でしょうか。


知らず知らず力みながら家事ストレスを抱えてたとき、
「なんで母さんばっかり片づけてるの?!」となることもありました。


なんで、今はストレスが少ないんだろう?
いつからそうなっていったんだろう?


と片づけのプロになってから改めて振り返ってみたときに、
そこには、少しずつ「片づけやすい家」に育っていった
「片づけの威力」を感じることができます。


家族のなかで、なんで私ばっかり片づけなきゃいけないの?!
みんなも家事を手伝ってくれたらいいのに!


とこっそり思ってる方に読んでいただけるとうれしいです。
みんなで家事を共有できるようになりますよ。


キーワードは、「仕組みと余白」です。


続きを読む

キッチンの生ゴミ入れ何使ってる?使いにくかったtowerポリ袋ホルダーが復活した!

ご訪問ありがとうございます。


生ゴミ入れって、キッチンの中でも結構大きなアイテムですよね。


生ゴミ入れといったら、三角コーナーでしょ。
なんていうのは昔の話で、今はありとあらゆるグッズが出ていて、
何をどう選べばいいのか、ありすぎるがゆえに
ちょっと悩ましいところ。


わたしがキッチンに立つようになって、20年もとうに超えまして
その間の変遷と、人気のtowerのポリ袋ホルダーがなんで
わたしには使いにくかったのかを書いてみようと思います。


自分にとっての使いやすさが最強!という、
ライフオーガナイザーとしても納得した、そんな結果になりました。

続きを読む