キッチンの生ゴミ入れ何使ってる?使いにくかったtowerポリ袋ホルダーが復活した!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ご訪問ありがとうございます。


生ゴミ入れって、キッチンの中でも結構大きなアイテムですよね。


生ゴミ入れといったら、三角コーナーでしょ。
なんていうのは昔の話で、今はありとあらゆるグッズが出ていて、
何をどう選べばいいのか、ありすぎるがゆえに
ちょっと悩ましいところ。


わたしがキッチンに立つようになって、20年もとうに超えまして
その間の変遷と、人気のtowerのポリ袋ホルダーがなんで
わたしには使いにくかったのかを書いてみようと思います。


自分にとっての使いやすさが最強!という、
ライフオーガナイザーとしても納得した、そんな結果になりました。

キッチンの生ゴミ入れいろいろ。カリプソからレジ袋、新聞紙まで。

シンク内に置くタイプの生ゴミ入れのヌメヌメが嫌!
という人は、昔も今も変わらずにいるかと思います。


わたしも「とりあえず」で買ってしまった結婚当初に即ボツにしまして、
それから良さそうなものを試してきました。


吸盤タイプ吸盤の周りの汚れが気になる。一度はがすと落ちやすかった。
カリプソ(ロスティ社)デザインがいい。長年使いました。でも生ゴミを直接入れていたので、そのうち洗うのが面倒に。
フタが軽いのでパタンと閉じちゃうのはプチストレス。

レジ袋生ゴミ入れ迷子中は、レジ袋。ガマン。
towerポリ袋ホルダー人気らしいし。デザインもいいし、省スペースなのもいろいろ兼用できるのもいい!
でも、なぜか私には使いにくくてお蔵入り。
コンポスト外まで行くのが面倒すぎて、使わなくなる。
揚げ物バット+新聞紙揚げ物などで使うバットが2枚あったので、一つをゴミ用に。
バットの上に新聞紙を敷き、生ゴミをそのまま。丸めて捨てられる。よかったけれど、新聞購読をやめたのでまた迷子に。
towerポリ袋ホルダーに戻るもう一度使ってみよう。
今回、とてもいい感じで復活!




towerポリ袋ホルダーを使うには、専用&少しの準備で家事ラクに


お片づけのしやすさって、モノの量によって大きく違ってきます。
自分にとっての適量になっていないと、
とたんに「めんどくさい・・・」がニョキッと頭を出してきます。


その中でも、「モノの量をしぼる」のはとてもいいですよね。


兼用できるモノだったり、いろんな場所などで使い道があるモノにする、
というのは王道の考え方です。
実際にわたしもそうしてるものが多いです。


このポリ袋ホルダーも商品の紹介にもよく書かれているように、
生ゴミ入れになったり、
洗ったコップの水切りをしたり、
食品を保存袋に入れるときに支えてくれたり、
と、いろいろな役割が期待できます!


それ「が」いいと思っていたんです。
towerシリーズのファンでもありますし。

まさかの「兼用」が使いにくさの原因でした(わたしの場合)

「食器用洗いかご」を持っていないため、
パパッと洗ったコップの水切りにもよさそうだなと思っていました。


そうすると、キッチンの後片づけで生ゴミを捨てたあと
ホルダーはそのままか、余裕があれば折りたたんだり。


また料理をするときには、ポリ袋をセットするところから始まります。
大体は、生ゴミを入れようと思ってから気づくことが多く、
「あー、もう!」って感じです。


手を洗って、ポリ袋をセットして、という手間が
わりと多かったんだなと気づきました。
そして、めんどうになる!ということに。

「なるほどー。」

と自分でひっそり納得してからは、もう兼用はやめて、
常にポリ袋をセットした状態です。たたむこともやめました。


「生ゴミを捨てたあと、ポリ袋をセットする。」


ここまでが、後片づけのルーティンになりました。


いいです。
わたしには、とてもいい感じです。
お蔵入りになっていたものが復活して、
一人でほくそ笑んでいます。


気に入って使っているのは、「アイラップ」です。
ちょうどいいです。近所でもすぐ買えます。

アイラップの箱の形がうちには収まりがイマイチで、
100円ショップのケースに入れ替えて使っています。

(奥から、アイラップ、使い捨て手袋、メラミンスポンジ、
夏場に必須の防臭袋BOS。)


使いやすさは人それぞれ

わたしは在宅で仕事をすることも多いので
そうすると1日3回キッチンに立つことになります。
家族もよく料理をするので、なるべく「パッと」使えるように
なっていないとストレスがあるんだなぁということが分かりました。

よく使うものは、専用で使う方がいい!!

宣伝文句につられすぎるのも、使いにくさを生むこともあるんですね。
自分の生活をよく観察すべし、です。


兼用だから、兼用しなければいけないワケじゃないですね。
専用にしてみたら、グッとキッチンの家事がラクになったという
お話でした!


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


日々のお片づけや暮らしの投稿はインスタグラムで配信中。
よろしければフォローしていただけると嬉しいです。
https://www.instagram.com/kurashitukuru/


ブログのフォローはこちらから

follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。