自分に合った掃除道具だと、めんどくさいからやる気に変わる【家事の工夫】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ご訪問ありがとうございます。


家事って、終わりはないですね〜。
やろうと思えば、いくらでもやることが出てきて、
丁寧にやろうと思えば、たくさんの時間がかかります。


わたしの場合。
自分の暮らしと、家事と、片づけの
自分なりのバランスを見つけて暮らしていけるようになりたくて、
深堀りしていくようになりました。


掃除は苦手な家事だけど、こぎれいな家にはしたいので
どうやったら自分の中のハードルが下がるかな?と
毎日の中で少しずつ試しながらやっています。


お片づけのプロとして仕事をしている人たちも、
みんながみんな得意だったわけでもないんですよね。


片づけと掃除をざっくり同じことのようにしがちですが、
別モノです。。。
わたしも苦手なことは少しの道具に頼りながら、
自分がラクにこなせる、ほどほどのところを見つけながら暮らしています。

道具に頼って、苦手を助けてもらう

 いつも簡単掃除です。

日によって、掃除機とホウキを使い分けています。
お掃除ロボットは我が家の家族環境に合わないため、持っていません。

 簡単掃除とはいえ1日やらないと、
床でいろんなものを踏むようになりますよね・・・


目につくところに掃除道具を置くようになったら
ハードルが下がってくれました。
億劫になりがちなので、目につくところに置くという配置の工夫で
助けてもらっています。

掃除は苦手だけど、掃除道具を増やすのも苦手なので、
自分の中でのギリギリのラインと葛藤です。


そんな毎日ですが、最近仲間入りしたものがあります。
ハンディモップの伸び縮みタイプ。


道具を増やしたくないばかりに、
今まではあるもので(短いタイプ)なんとかやっていましたが、
(オットは「何か棒つければいいじゃん」とか言う)

これは自分の手が伸びてヒョイっと掃除をしてくれる感覚です。


ちょっとのぞき込んで掃除しないといけなかったところも、
ちょいちょいっとできます。
伸び縮みできますが、
ズボラなわたしはもっぱら伸ばしたまま
このラベンダー色がちょっと気になりますが、
ふだんは柱の影にあるので、あまり支障なし。
2階用も増やしたいと思っています。


たまには道具チェックした方がいいなと思いました。
(ちなみにクイックルワイパーハンディ伸び縮みタイプです)


▪️すぐに掃除ができるように掃除道具を近くに

▪️余計な飾り物をなくす 

▪️使ってうれしくなる道具にする 

▪️本当は必要じゃなかったものを減らす

▪️「ついで掃除」を気づいたときにする     



そうしてみたら、掃除がそれほど億劫ではなくなって、
「必ず朝そうじ!」ルールを決めていたころよりも、
とても気ラクにできるようになっています。
結果、朝の時間にササ〜っと完了です。


やり方とタイミングを変えて、自分の掃除のやり方を見つけてみる

誰かの習慣をマネしてみて、
「うまくいかないわー」「合わないなぁ」と思ったときは
どんどん自分なりのタイミングで試してみちゃえばいいですね。

出来なかったから、ダメなわけでもなく、 
自分に合う方法を見つければいい、というだけ。


道具を持つと、メンテナンスすることもセットになるので
それがめんどうならば、使い捨てタイプでいいし、


まとめてしっかりめの掃除ができなくても、
ついで掃除の積み重ねで
自分なりの暮らしやすさが叶えられてればいい。


プロに外注したっていいし、
家事シェアを見直してもいい。 



そこから見つけられたやり方は、ちょうどよさを感じて
ちょっとうれしくなりますよ。 
掃除が気持ちよくできると、部屋の空気も整う感じ。

    

 乱れがちな心も、静かに整っていきますように。(→わたし)



というわけで、今回は苦手な家事の工夫についての
ちょっとしたお話でした。


※片づけのプロと一緒におうちを片づけていくという近道はこちら
「うちの収納。使いにくいけど、自分ではちょっともうどうしていいのか分からない・・・」
とお悩みのときは、お片づけのサポートで困っているスペースを
短期間で快適にしていくという時短もありですよ。

*お片づけを学んで体感するレッスン(対面/オンライン)
*自宅を片づける/家事ラク動線づくり(対面片づけサポート)

*関連記事
家事や片づけは、みんなが手を出しやすい仕組みと余白がキモでした。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

Comments are closed.