時間もなく気持ちもパツパツな大変なときって、片づけやすい家は最強で最高【経験談】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ご訪問ありがとうございます。

新型コロナウイルスはこれから共存していくんだろうなと思いつつ、
少しずつこの状況の中でのやり方の変化に慣れてきたような気もしてます。

とはいえ、あれもこれもやらなくちゃ。
という状況って大変ですよね。家の中も荒れがち!




コロナ禍ではないですが、
悩む時間もなく動かねばならないことに追われて過ごし、
あっちのこと、こっちのこと、といろいろな重圧にギューっと
押しつぶされそうになったことがありました。
人生、いろいろ。


「朝起きて、今日もカーテンを開けることができた!」
「ごはんを作れた!」


そんな、なんて事のないことでも
一つひとつ、自分を奮い立たせながらやるしかなかった時期を
思い出します。



朝、カーテンを開けて、洗濯機のスイッチを入れます。

コーヒーを飲んで、簡単朝ごはんとお弁当を作ります。


そんなとき、洗い物からのスタートだったら?
作業台に、いろんなものが置かれたままの
材料も並べられないキッチンだったら?


きっと簡単ごはんでさえ作るのも気が重くなったり、
お弁当なんて作る気も失せていったと思います。




ごはんを作る!
食べる!




キッチンでのこんな普通のことを「今日もできた」と
こなしていくことで、これが次の日に繋がって
積み重なっていってくれると思っていました。



だから私はキッチンのお片づけが好きなんです(*’▽’*)
毎日を支えてくれるキッチン。


片づけやすくてスッキリしている場所があるだけで
気持ちってスーーーっとしますよね!


それが本当に毎日の助けになってくれましたし、

「目の前のことに集中して対応しなきゃ」とパツパツしつつ

家を気持ちよくしておくことで自分を支えてたんだな〜、と
ふとそんなことを思いました。



子供が病気になっていろいろな対応にバタバタした長い期間。
この数年、立て続けに両親が逝ってしまった時期。


ぼーっとコーヒーを飲みながら思い返したりしてみると、
どの時期も家の中を整えながら自分を整えていたようです。


父は母が逝ってから、どんな気持ちで整理をしてたんだろうな。
聞いたことないままでした。
きっといろいろ自分の中で整えていたんでしょうね。
その3年後に私が父の遺品を整理するとは思ってませんでしたけど。



新型コロナウイルスの影響で、お片づけ関連メニューは
オンラインでのやり取りになったり、
落ち着くまでお休みになったりもしましたが、
やっぱりご訪問して、いっしょにお話ししながらのサポートの方が
出来ることも、進み具合も、お互いが分かることも違うものがありますね。



でも、今できることで!コツコツ進めていくことで
変わっていくんだと、みなさんにも教えてもらっています。
確実に変わられていくんです。すごいな。



地域の状況とご依頼いただいた方の状況をふまえて、
慎重に気をつけながらご訪問のお片づけサポートも再開しています。


コロナ禍でも、オンラインをはさみつつ、
おうち丸ごと片づけサポートさせていただいた方が
何人か終了されました。


おうちで過ごすこと自体が、少しでもエネルギーをためることに
つながっていてほしいなと願っています。




【最近の楽しみ】
このアボカド、どこまで伸びるんだろ?と観察すること(笑)
2ヶ月くらい前に食べた後の種を植えたら・・・
すごいのですよ、もう40cmくらい!
葉っぱが出てきてうれしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*