爪をガラスで磨いてみたら簡単ピカピカ【暮らしの道具/日用品の片づけ収納】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

お手入れされた指先に、センスのいいネイル、つやつやの手。


あこがれはするものの、
ふだんの私の暮らしの中で
できていることといったら

伸びてきたら切りそろえて
ハンドクリームをぬっている

くらいなものです。



手をかけなさすぎの爪を見ては
たまにかわいそうなったり、
なんだかツマラナイと思ったり。

それでも気が向いたときに、
ベーシックな色のネイルをしてみることもあります。


なんだか少しこそばゆい感じがしたりして、
なかなか「ネイルをする」ということが
身近になりません。


あこがれてはいても
いまの私にしっくりこないなら
気の向くときだけのお楽しみでいいのかなと
思ったりしてます。



最近、そんな爪のお手入れで
新しいグッズを買いました。


「爪を切る」といったら、「爪切り」でしょ。


と思っていたけれど、
「あたらしいこと、あたらしいものを使ってみよう。」
心の針がそちらに向き、
「ガラスの爪磨き」を。


ネイルをしてる人が使うもの。


そんな先入観があったけれど、
これが、とてもよかった。
ちょっと磨くだけで
かんたんにピカピカになるんですね。



ちょっと自分にやさしく
手をかけてあげられているような、


爪をみがく時間も
ゆったり楽しくなるような、


そんな時間をもてることで、
ていねいに暮らせているような。



そんな気持ちにさせてくれた、
「爪をみがく」ということ。



今までやらなかったことを
ちょっと毎日の中に
ぽとん、と落としてみると
思いもよらぬ心地いい波紋が
広がっていくような気がしました。



楽しみがふえて、ちょっとうれしい。


もやもやしてるときに、
水栓やお鍋をみがいたり、
掃除をしたりすると
きもちが晴れることがありますよね。


爪をみがく。
これも、いいかもしれません。


すぐ手に取れるような
定位置づくりも、忘れずに。


とくに、家族みんなが使うような日用品は、
すぐに手に取れるようなスペースに置いてみましょう。


元にも戻しやすいので、散らかる率も下がります。
これはダイニングテーブルの引き出しです。

(この引き出しの中のスポンジも使い続けてきて
だいぶ劣化してきました・・・)





かんたんに気持ちがスッキリする「爪みがき」

気が向いたら、やってみてはいかがでしょうか。

【コパ公式】5セカンズシャイン 爪磨き [M便 1/10]

美容のことは教えてもらいたい事ばかりですが、
お片づけのことなら、ぜひご相談くださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*