暮らす人みんなが「うちっていいよね」を感じられる家に育てる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは。
いかがお過ごしですか?

今日はお休みなので、わたしは家の中の陽だまりで
ワンコとのんびりほわ〜っとしています。
こういう時間が本当に好きです。

一人で過ごす時間があることで、
わたしの中のバッテリーが充電されていくんですよね。
いつも横にはワンコがいてくれるので、
一人じゃないですけど。

とはいえ、今家の中には家族みんながいて、
それぞれ好きなことをしています。


オットと娘は階下で一緒に
調子の悪くなってきたパソコンを修理?バックアップ?
をわーわー言いながらやっているし、

となりの部屋では、帰省中の息子がだれかと話しながら
何かをしているようです。


そんな誰かが何かをしている空気が
家の中でゆる〜くつながっている感じです。
わたしは部屋の戸を開け放って、ブログを書いています。
好き嫌いはあると思いますが、
仕切りたいときには仕切って個室に。
そうじゃない時は、開け放って大きなワンルームに。
そんな感じです。



まだまだ、家の中を取り仕切るのは「お母さん」みたいな
そんな役割があるような気がします。


お母さんって、スーパーマンじゃないのに
知らず知らずに昔からの静かな
「そういうもの」という雰囲気もあって
背負ってしまったり、背負われてしまったり。


みんなで住んでいるんだもん、
みんなで考えられたら、すごく楽しいのに〜。



昨年末に、テレビを買いかえたとき。

どこに置く?どう置く?
テレビを置く台とサイズが合わなくなっちゃうね。
じゃあどんな台にする?
ソファの向きどっちがいい?

いろいろワイワイ話しながら決めました。
結局テレビ台は、家に余っていた、ただの木の板を使って、
これでいいじゃん!いいのがあった!と、盛り上がったり。


家のことは、大人だけじゃなくて、
暮らす人みんなで考えられていくと、
「自分ごと」になります。


どうやったら心地よくなるのか、とか
その時叶えたいことに意識を向けて
整えていけるのかって
すぐに自分に染み込んでいくことじゃないなぁって
思います。


一つひとつ考えてやってみるって
練習なんですよね。
コツコツ、ひとつひとつ、ていねいに。


誰かがやってくれることじゃなくて、
「自分ごと」として考えていけるようになるし、
なってくれたらいいなと思っています。


その先に自分が整えられていくという
素敵なことがあるからね。


そうやって、一緒に考えてきた家は
気持ちを落ち着かせてくれたり、元気をもらえたり、
過ごす時間がとても心地いいものになっていくんじゃないでしょうか。
手間ヒマかかってますもん。


「うちってさー、なんかいいよね〜」


どんな人にとっても、家って大事だからこそ、
そう思えるようになったらいいなぁ。
わたしの願いです。


子供たちが不登校になり、
一時期「どうしたものか」と悩みが深くなってしまった時も、
わたしにできたのは

・家の中を気持ちよくしておくこと
・ごはんをつくること

この二つが大事な暮らしのベースになっていて。


家に助けられていたなぁと感じることも
たくさんあるんですよ!


時代がどんどん変わってきている今ですら、
学校が苦手で悩んでいる子供たちも
お父さんお母さんも、まだまだいらっしゃると思います。


わたしは専門家でもないですし、
ただ自分の子供たちとの経験と
自らに必要だと思って学んだ知識しかないですが、
家の中を安心安全な場にしておくことは
大事だったなと思っています。


お母さんがあまり背負いすぎず、
楽しく暮らせますように。


モヤモヤしている時は、
暮らしやすさのひとつのアイテムとして、
お片づけを進めてみられるのもいいかもです。


家族が育っていくように、
おうちも育っていきますよ。


そして、その育てた家に、
また家族みんなが支えてもらえます。



応援しています。



読んでいただき、ありがとうございました。

クラシツクルのお片づけメニューはこちらです




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*