白いごはんとのお付き合い/キッチンを整える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

昨日から今朝にかけて、雨がザ〜っと振りつづけ、
風もゴーッと吹き荒れて、家も揺れるようなお天気でした。
みなさんのところは、いかがですか?


週末の朝はパンになることが多いのですが、
今朝はゆっくり朝ごはんを楽しみました。


ご飯を楽しむ主役はいつも「白いごはん」。
おいしく炊けたなぁ!なんて日は、ムフフです。



野沢菜の菜の花をさっとゆでて、
ごま和えと牡蠣醤油でのおひたし2種類を。
2つの味!
得した気分になって、しあわせです。



白いごはんが美味しく炊ける。
これだけで、1日のスタートの気分が左右されるような気がするので
わたしの中ではけっこう大きなことだなと気づきます。




小さな頃は実家でお米を作っていました。
兼業農家、というやつですね。


家族で1年食べられるくらいの田んぼでした。
田植えのときには、田んぼの泥のひんやりとして
そして足に吸い付くような感覚がとにかく楽しかったり。


手植えだったので、時間がかかりましたが
めんどくさいなぁなんて思いつつ、楽しかったんだな〜。
振り返ってみると、そんな感覚がよみがえってきました。
年を重ねるごとに、そんなことも大事な感覚に思えてくるものですね。




白いごはんを、おいしく炊いて、おいしく食べる!


そのために、使いやすい道具を探してみたり、
使いやすい配置を考えてみたり、
他の使いにくいものを整理してみたり。



うちの場合の使いやすいキッチンって?



なんて、さらに妄想を重ねつつ書いていたら、
またキッチンを見直したくなってきました。




「ごちゃごちゃしたキッチンをすっきりさせたいんです」
という、片づけサポート中の方は多いです。




何のために、すっきり暮らしたいんでしょう?




一人ひとり違うと思いますが、
キッチンがすっきりして気持ちよく使えるようになると、
「さぁ、ご飯をつくろう」という気持ちになりやすいですよね。



体は、食べものでできている。

心は、言葉でできている。



そしてその言葉は、健やかな体からの方が生まれやすいと思うから。

今、わが家で使っているのは、
無印良品の「土釜おこげ」というもの。
おいしく炊けてコスパもよく、気に入ってます。(重いけど!)


ずっと使っていた土鍋から買い替えたときの記事↓
【暮らしの道具×おいしいごはん】無印良品の土釜おこげで炊く毎日

みんな元気で、自分の毎日を楽しめますように!




ちょっとした日々の中の気づきはInstagramで綴りはじめています。
よろしければフォローしてくださいね♪

クラシツクルのお片づけメニューはこちらです



SNSでもご購読できます。