片づけ、したいのに出来ない?そんなときに前を向く方法。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

最近、机周りにいろいろな資料や本が積み重なりがちです・・・

シンプルに忙しいとき。
頭の中が忙しいとき。
心配ごとがあるとき。


そんなときって、すこーしずつ積もる雪のように散らかっていき、
気づいたら雪かきが必要なくらいになってるもの。
(雪国仕様の例えでスミマセン)


テーブルの上には、やりかけのものが溜まったり、
それを戻すのも億劫になったり、
家族が使ったものを戻す元気も余裕もなかったりします。


畳みはしたものの、
階段にずっと鎮座している洗濯物があったり。




「片づけたいと思ってるのに、できないんです・・・。」
そんな片づけのお悩みをお聞きしました。


眠れてますか?
ごはん、しっかり食べてますか?
自分のための時間取れてますか?
好きなこと、できてますか?



片づけよりも、


「子供のお世話を優先できている」
「必要最低限の家事ができている」
「仕事をがんばれている」
「片づけで消費するエネルギーを他に回せている」


ということです。



「片づけられない」ことを
クルンとひっくり返してみると、できていることが分かります(*’▽’*)



「片づけてすっきりしている部屋」に対して
今よりも自分の心が価値を感じられるようになったとき、
少しずつ動けるようになるかもしれません。



今できていること。
よく見てみればたくさんあるのに、
自分の理想とのギャップや、余裕のあるときと比べてしまうと
ちょっと辛いですね。



過去のわたしは、
「今日も目が覚めた」
「起きられた」
「カーテンを開けられた」
「ごはん作れた」
なんていう、生命維持的なところから自分のできていることを
拾っていって、過ごしていたことがあります。


(体調の悪かった遠くに住む家族と同居を決めて、一緒に過ごしていた時期でした。こちらが凹まないようにと思っていても、気持ちが凹んでしまう。)



今、できていることがある!
今、優先していることがある!


自分に厳しいって、案外自分だけかも。
親友や子供が落ち込んでたら、ダメ出しばかりしないですもんね。
まずは「どうしたの?」って話を聞きたい。



自分に「うんうん、よくやってるよ」と声をかけてみる。



また明日。また1週間。また1ヶ月。
楽しい時間を増やすための過ごし方にしたいなぁと思います。



どんな言葉を自分にかけて、
どんな気持ちを感じているのか。


それは、これから先の暮らしに大きく関わってくる
大切な大切な感じ方です。




ちょっとした日々の中の気づきはInstagramで綴りはじめています。
よろしければフォローしてくださいね♪

クラシツクルのお片づけメニューはこちらです

SNSでもご購読できます。