やりたいと面倒くさいの狭間で。運動と片づけ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


私の今の週末の楽しみといえば、本当にちょっとしたことです。

ほどよく体を動かすこと。
おいしい旬の野菜や果物を買いにいき、ご飯を作って食べること。

これだけ出来ていれば、結構満足な週末になります。
以前は、あまりに運動不足な自分にストレスがありました。
自分でそうしているのにもかかわらず!です。
いつか取り組んだ方がいいということは分かっていたけど、
大変だし、めんどくさい。
矛盾と葛藤の連続(笑)

今はそれが解決し、体を動かすことが習慣になってきて
心も体も喜んでます。
それは、自分に合う方法で少しずつ進んできたから。

今、ご飯を作るキッチンにストレスがある人も同じじゃないかな。

できたら気持ちよく料理を作りたい。
キッチンが気持ちよく使いやすくなってたら、
もう少し前向きに料理できるかもしれないのに。

でも、今のストレスある状態から
気持ちよく使いやすく片づけやすいキッチンにするのは
めんどくさい。だって大変そうだし。

まぁ今はなんとか使ってるし、とりあえずこれでいいかな。

といった具合です。

要は、「めんどくさい」が勝っているので、
どんなにストレスがあっても、
その状態を自分で選んでいる。と言うこと。
やらないことの方が今の自分のメリットになってるって
ことですね。

私がずっと「本当は運動しなきゃと思ってるんだけどねー」と
言ってたのと同じです。
胸と耳が痛い(苦笑)

(口で言うより、実際の行動の方にやりたいことは
現れているそうです。)

・めんどくさくて、先延ばしにしてる自分を認める。
・時間があってもきっとやらないであろう自分を認める。
・でも「やろうとしている」自分も認める。
・少しずつでもいいんだと、長期的視点で。
・今できることから、まず一歩を出す。
・一歩を出せた、私がんばった。と自分を褒める。
・できる環境が整ったら、なんて時はこないと胸に刻む。
・できた時の自分の毎日をありありとリアルに妄想する。

「本当は〇〇したい」を叶えてあげた時、
めんどくさがった自分を超えて、心にも風が通ります。

ふぅ〜っと深呼吸ができ、安心感も広がります。
心の奥で喜んでいる自分に気づいて、うれしくなります。



わたしも楽しみながら、無理せず、あきらめず
やっていこうと思ってます。
どんな風に暮らせるかな?の実験中です(*’▽’*)

SNSでもご購読できます。